うそ!落ちたの!といわれるライフカードdp

闇金 ライフカードDp

ライフカードDpは、カードの受取時に保証金(デポジット)10万円と初年度の年会費5,000円を現金で渡します。


絶対に審査落ちしないクレジットカード

それは、ライフカードDpです。

ライフカードDpの申込むには、条件があります。

普通のライフカードを申込をして否決された人に、後日ライフカードDpの申込のすすめるメールが届きます。

絶対に審査落ちしないクレジットカードを探している、また過去の延滞でクレジットカードだからと思っている人が申込するデポジット型のライフカードです。

クレジットカードというのは、延滞などがあると審査通らないと聞いていましたが、ライフカードから出た、ポジット型というのは、貸し倒れの心配がないから、まあ誰でも審査通りますね。

ライフカードDpの独自審査なので、

過去に延滞がある方、はじめてクレジットの作る方、審査が不安な方にオススメのカードです。

ライフカードデポジット型は、その名の通りカード入会時に保証金(デポジット)を支払いをすることで使用することが出来ます。
(保証金はカード解約時に返金されます)

ライフカードは、保証金を事前に支払いを受ける事で、万が一支払いが滞ってしまった場合に、その保証金から利用代金へと充当されることとなるため、カード会社は貸し倒れのリスクを心配しなくても良い、ということになります。

デポジットとは何か?

デポジット(保証金)=限度額となります。 本カードの発行にあたっては、事前に保証金をお預けいただきます。 保証金はカードお届けの際に年会費と一緒に代金引換にてお預けいただきますので、現金のご用意を願いいたします。

ご入会初年度については、カードお届の際に、代金引換となります。

カード受取はお支払いと同時になりますので、現金のご用意

おねがいします。2年目以降は、ご登録の金融機関口座からの自動振替となります。

また保証金として払ったお金は
クレジットカードを退会された場合、未入金のご利用明細等が存在しないことを条件に保証金をご返還いたします

“ETCカード”も使えます

また、ドライバーやタクシーなどクルマを良く使う車を使う商売の方もその理由はずばり“ETCカード”を発行できるからです。

個人の運転手のおっちゃんにとっては非常にありがたいクレジットDpです。

ライフカードデポジット型は、その名の通りカード入会時に保証金(デポジット)を支払い、預けることで使用することが出来ます。
(保証金はカード解約時に返金されます)

ライフカードDpのオススメポイント

事前にデポジット(保証金)をお預けいただくだけ事前にデポジット(保証金)お預いただくだけ。プリペイドカードのような都度のチャージは不要です!

店頭でのお買い物、ECショッピング、公共料金のお支払い等、普通のクレジットカードとして利用できます。

ライフカードDpは、カードの受取時に保証金(デポジット)10万円と初年度の年会費5,000円を現金で渡します。

ライフカードDpをおすすめする方

通常のライフカードも審査は柔軟であるのに審査否決した方

水商売している方

多寿債務者などです。そして特にブラック喪中の方です。

それは、ライフカードDp使うとクレヒスになるからです。

ライフカードのDpの年会費

スタンダードカード

代金引換の合計支払額は「保証金」+「年会費(税抜)」の合計額となります。

(例)スタンダードカード 限度額10万の方は

限度額10万円の場合保証金 100,000円 + 年会費 5,000(税抜) (税抜)

例)ゴールドカード 限度額50万円の場合保証金 500,000円+ 年会費 10,000(税抜)

ライフカードのデメリット

ライフカードのDpは年会費がかかることです

初年度の年会費はカード受け取り時に代引きで支払う

ライフカードDpは、カードの受取時に保証金(デポジット)10万円と初年度の年会費5,000円を現金で渡します。計10万5千円は結構きついと思います

国際ブランドはMastercardしか申込をしていません。

ライフカードDpカードはショッピング専用カードとなので(キャッシングできませんはご利用いただけません。)

ライフカードDp最大のメリットはショッピングにクレヒス(クレジットカード利用履歴)が付くからです。喪明け(破産・任意整理・個人再生などブラックな項目がCICにはなくなった事)ですの方にはオススメです!!


タイトルとURLをコピーしました